狂気じみたダイエット

異国人の冷たい視線を忘れるために決意したダイエツトはヽ・5年続きましたo狂気の時間でした。青春も貯金も、そして自分自身も全てダイエツトだけのために存在していたようなものです。ご飯を食べるときもカロリーがついてまわりヽ油が肥満の大敵と知れば、 一滴の油膜にで」機疑立てましたoこんな異常な生活に完全にはまるまでに、時間はほとんどかかりませんある日、ふと手にした雑誌で嘔吐ダイエツトを知り、これだ! と思いましたo食べたい物を好きなだけ食べ、そして吐けば体重は増えないというのです。この画期的な方法をすぐ試してみると、とても気持ちょく、私は興奮しながら何度も繰り返しました。順調に体重は落ちはじめ満足でした。しかし、時折吐き出す唾液の中に原因不明の血液をみるとやはり動揺しました。が、ゃめることはできませんでした。

 

体型が変わりはじめて、周りから生まれてはじめて女として扱われた喜びを覚えたからでした。かゎぃぃ服を着ることができ、チャホャされ、やせてきてぃることの快感は太っていたときには得られないことばかりでした。もぅ、ぁんな人生二度とごめんだと、必死でした。妊娠中も、ダイエツトの毎日でした。ただ、大きいお腹が苦しく、音のようにうまく吐けなくなり、結果的に20キロ増えやつとの思いで落とした体重も、また再び2度目の出産で逆戻りしてしまいました。もろん、出産後のダイエツトは過熱化しましたo主人との会話は朝から晩までダイエツトのことばかりでしたo目に映るかわいい盛りの子どもたちに、より添うことも話しかけることもなく、まして一緒に公園で遊ぶことなどありまんでした。いつもダイエツトが感じられる食卓。私の感情に右往左往する子どもたちo頭を駆けめぐる新種のダイエツト情報。無造作に積み重ねられたダイエツトの本の山々。部屋中に散らばつていた深夜の過食の形跡。社交性なくなり、人に会うことを避けはじめました。