スキンケア以外で気になったこと記事一覧

その後、出席したセミナーで理論を多少理解し、できそうな気がしました。そして、そこで私は司会をしていた人を知ったのです。数日後、どうしても彼女と話がしたくなり、電話をかけました。そして私は、はじめて他人に過食嘔吐のこと、体型がコンプレックスとなって友達にも会えずにいることなど、恥ずかし気もなく告白しました。15年間の心の内にあった秘密を打ち明けたかのような気持ちで胸は高鳴りました。しかし、彼女は私の...
異国人の冷たい視線を忘れるために決意したダイエツトはヽ・5年続きましたo狂気の時間でした。青春も貯金も、そして自分自身も全てダイエツトだけのために存在していたようなものです。ご飯を食べるときもカロリーがついてまわりヽ油が肥満の大敵と知れば、 一滴の油膜にで」機疑立てましたoこんな異常な生活に完全にはまるまでに、時間はほとんどかかりませんある日、ふと手にした雑誌で嘔吐ダイエツトを知り、これだ! と思...
中学生になったころには、すっかり素直な真面目な子になっていて親は安心していました。平々凡々な毎日が、普通の生活になっていました。勉強と、食べることが楽しい毎日でした。勉強と運動の両立ができるはずがない、とか運動神経が鈍いなどと親に小さいころから言われ続けているうちに、自分でもそう思うようになり、運動部に所属するなど夢にも思いませんでした。周りの女の子たちと全然違う体型。外出するときは、いつもオーバ...
あのころから、食べることが大好きでしたo自分が物を食べている音を聞くことでとても安心できたのです。暇さえあれば、何か物を口に入れるようになり、ぽつちやりとした体型は肥満体型へとなっていきましたo仕方なくす勉強は、 一向に伸びませんでした。自分の頭をにぎりこぶしで何度も何度も叩き、泣きながら自分の頭の悪さを卑下したものです。小学4年のとき、とうとう私は壊れました。お菓子を万引きしたのです。そして最後...
ところで、太る原因はストレスからくる脳疲労だと藤野先生は言われます。それについては、異論があるわけではないのですが、私の場合は、思い当たるようなストレスが何もないような気がします。会議でも会合でも言いたいことは何でも言い、我慢することもありません。ストンスとはどういう状態なんだろう、と家内と夕食後によく話し合ったりするんですが、いまのところ、これだ、というものが見つかりません。一緒にはじめた家内の...
もともと、わが家は夕食時間が早くて、5時半には食べるのですが、終業時間の4時ごろになると、もう夕食が待ち遠しくて、そわそわしてしまったものです。夕食は、いままで通り、家内の手料理で、晩酌をしました。ビール2本に、ときには日本酒も飲みます。外で仕事の付き合いで会食することも多いのですが、原則として5時以降は仕事のことは一切考えずに、夕食を楽しむというのが、私の守っていることです。本当に続くだろうかと...
赤ニキビケアの方法を知ったのは、96年の秋、娘が赤ニキビケアの方法を紹介した雑誌を買って、これなら「お父さんにもできるんじゃないか」と教えてくれたことからです。1日1快食、夜は飲み食い自由、というところに惚れて、だめでもともと、とはじめたのが最初です。仕事の付き合いも多いし、もともとノンベえなので、それを制限されないのならいいだろう、と考えたわけです。やると決めてからは、最初に、セミナーで藤野先生...